義歯

義歯(入れ歯)専門外来

義歯(入れ歯)

歯周病や虫歯などでだんだんと歯を失い入れ歯になってしまい使用しているが合わなくてものが良く噛めない、外れやすいなどのお悩みはないでしょうか?
当院の義歯治療のコンセプトとしてはまず保険、保険外でもしっかりと安定し噛むことができる義歯を丁寧に作製することです。
義歯は義歯の材質や設計などで保険適用と保険適用外(自費)に分けられます。

義歯作製にあたって

よく保険の義歯は同業者の間では作製しても採算が合わないと言われています。
義歯の作製は正直時間が掛かる作業です。真面目に精密なものを作ろうとして時間を掛けるほど材料費や保険の点数を考えると採算が合わなくなってきます。

保険は時間を掛けずに作製しても時間を掛けて丁寧に作製しても医院側に入る保険収入は一緒です。しかし採算が合わないからといって手間を掛けずに作製すると装着後に合わずに痛みが出たり不具合で何回も調整で受診をしなくてはいけない結果になり歯科医院側も患者さんもお互い苦労をすることになるかもしれません。

あくまで歯科医院側の事情にすぎないのですが、なので保険外の義歯を作製してくださいというわけではありません。
当院では保険の義歯でも最低限必要な時間を取り義歯を作製しています。時には予約の時間を長く取り作業をする場合もありますがやはり時間を取って作業する以上患者さんの協力も必要になってきます。

例えば時間を長く取って予約を入れていたがキャンセルしたり、なるべく回数を少なくして急いで作製して欲しいなどという場合は時間を取り精密な義歯を作製するにはちょっと難しいかもしれまん。お互い協力して治療を進めていくことでいい物が出来上がると思います。

義歯作製の手順

  • おおまかな型採り
  • 専用トレーによる2回目の型採り
  • 噛み合わせ(高さ合わせ)の採得
  • 仮合わせ(試適)
  • 完成(装着)
装着後の調整
定期的な義歯のチェック

義歯は一度入れれば一生ものではありません。
歯が磨り減ってきたり歯茎部分も多少変化してきます。
変化に合わせて調整や新製が必要になる場合もあります。
※欠損している歯の数が少なくご自身のかみ合わせが安定している場合2、3の作業は省略する場合もありますが通常は完成までに最低5回は通院しなくてはいけません。
総義歯の場合はゴシックアーチというものを採る作業が途中入る場合があるのでもう1~2回、回数が増える場合がございます。
しかし義歯を紛失してしまい急遽作製する場合は総義歯でもいくつか作業を省略してなるべく早く装着できるようにしております。

保険の義歯と保険適用外の義歯の違いについて

保険適用の義歯でもほとんどの症例に対応できますが素材や設計方法などに制約があります。
ここでは保険適用の義歯と保険適用外の義歯の違いについて総義歯を例にご説明いたします。

保険の義歯は歯茎部分のピンクの素材がレジン(合成樹脂)でできており、保険の総義歯は歯以外の部分はこの素材でできています。これ以外の下記の義歯は保険適用外です。

保険外の義歯は材料やデザインなどもさまざまでこちらの写真の義歯は口蓋部が金属でできています。
金属製の義歯はレジン製の義歯に比べて口蓋部が薄いので違和感が少なく熱が伝わりやすい所が利点と言えます。
欠点としては数年経過して歯茎部分に変化があった場合裏打ちがしづらいということが挙げられます。

あとは内部がシリコン製の義歯もあります。
内部が生体シリコンでできているので適度の軟らかさがあり、吸着もよく通常の義歯よりも噛む力が増すのが利点です。
こちらの義歯はコンフォートです。
義歯内部の薄いピンク色の部分がシリコンです。

こちらの義歯は沖縄市の中部デンタルスタジオが作製している特許の入れ歯デンティースです。
金属を使わず健全な歯にダメージを与えない優しい入れ歯です。

デンティース装着症例

症例1

左上に1本残存歯あり

保険の義歯では残存歯にバネが掛かっておりあまり安定はありませんでした。

デンティース装着後

適合は良好で歯にもあまり負担が掛からず義歯が落ちてくる心配もなくなりました。

症例2

右上小臼歯部に以前は保険の金属のバネが付いた義歯が入っており左上にも安定のために金属のバーが口蓋部に通っていましたが、デンティースにしたことで片側のシンプルな義歯になり装着時の違和感と安定性が並びに審美性が改善されました。

キレイデス装着例

こちらは保険義歯のような金属のバネは用いず弾性のある材料を使用し審美的にも優れた義歯(キレイデス)です。

①‐1前歯欠損のタイプです。

①‐2前歯欠損のタイプの装着例です。

こちらも同じくキレイデスの下顎のタイプです。

②‐1奥歯両側欠損のタイプです。

②‐2奥歯両側欠損の装着例です。

スマイルデンチャー装着例

バネがないタイプの義歯です
審美性に優れており適合がよく適度な弾性があります。
こちらの義歯はスマイルデンチャーです。


上記のバネのない義歯(デンティース、キレイデス、スマイルデンチャー)はそれぞれ材質が異なり欠損部位や歯の状態などにより使い分けております。
どの義歯が適応かは担当医が診査してからになります。

 

義歯(入れ歯)Q&A

Q
入れ歯は寝ている時は外したほうがいいですか?
A

寝ている間は唾液の量が減少する上お口の中はあたたかく細菌が繁殖しやすくなります。
部分入れ歯などは日中装着後就寝時はよく洗浄し市販の洗浄剤などに入れて清潔な状態を保ったほうが良いかと思います。
上が総入れ歯の状態で下の歯が残っているケースでは上の歯茎の保護の就寝時に装着していたほうがよいケースもあります。

Q
入れ歯の安定剤はつかってもいいですか?
A

今はいろいろな種類の義歯の洗浄剤がドラッグストアなどで販売されています。
正しい使い方で使用すれば十分に効果があると思いますのでどんどん使用してもよいと思います。しかし合わない入れ歯に安定剤を使用して無理矢理使用するのはお勧めできません。
どんな種類の物をしようしていいかわからない、使い方がわからない場合はお気軽におたずねください。

Q
部分入れ歯のバネが見えて人と話す時気になります。
A

保険の部分入れ歯だと歯にバネを掛けて維持しますのでどうしても前歯などにバネを掛けると目立ってしまうかもしれません。保険外の義歯だとバネのない義歯もございます。

材質はナイロン樹脂のポリアミド製で適度な弾力があります。 (写真はスマイルデンチャーです)

Q
現在義歯を使用していますが家族や知人に老けてみえると言われます。
A

現在使用している義歯の前歯の部分のふくらみが足りなかったり高さが低くなってしまっているかもしれません。もし昔の歯がある時の写真などがあれば受診時にお持ちいただければ参考にできるのでより再現しやすくなると思います。