被せ物、詰め物

当院での被せ物、詰め物について

歯科治療で用いられる材料や技術などは日々進歩しております。

当院の審美治療(被せ物、詰め物)は患者さんの審美的な要望や予算などに応えることが出来るよう様々な最新の材料や技術を取り入れ歯科技工士の立ち合いなども行いより満足いただけるように取り組んでおります。

オールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウン症例(左右上1番、左上2番)

 術前

保険の被せものが入った状態。

 

術後

金属を使わないオールセラミックスクラウンで修復しました。

 

ファイバーコア

内部の土台には金属の土台ではなくグラスファイバー製の土台を使用しています。

ジルコニアクラウン

ジルコニア冠は強度も強くブリッジも可能です。

ジルコニア冠は強度にも優れ金属アレルギーの心配もなく色調(シェード)も数種類の中から選択でき審美的にも良好です。

セラミックインレー

セラミックインレーは、天然歯に近い質感を持ち審美的に

優れています。

ジルコニアインレーは強度に優れており審美的にも良好

です。

補綴物(被せものなど)の作製にあたり

被せもの等の作製にあたり型採りの精度は非常に大切です。

オールセラミックスクラウンなどの型は精密に採れ様変形の少ないシリコンの印象材を用い、

歯の色に関しては口腔内カメラにて写真撮影を行い更に細かい質感や色(シェード)、

形などを望まれる場合歯科技工士の立ち合いを行ってもらい正確に冠の色や形を再現

できるようにしております。

 

型採りはシリコン印象材以外に通常アルジネート印象材を

使用しますが練る際の水の温度や練る人の力量によりかなり

差が出てしまい精度に影響します。

当院では全ての症例にペーストアルジネート印象材自動

練和器のトクヤマAPミキサーIIIにて型採りを行っており

気泡の少ない精度の高い模型を作製しております。

型を採る際のトレーも変形の少ないリムロックトレーを使用

しております。

 

各種被せもの一覧

硬質レジン前装冠(保険適用)前歯3番目まで

保険の前歯に使われている冠、表面は硬いプラスチックで裏側は金属表面がプラスチックなので年数が経つと変色を起こしたり表面が削れてきて内部の金属が露出してくる場合がある。透明感に欠け自然な感じに欠ける。

メタルボンドクラウン(保険適用外)

一般的なセラミック冠、金属にセラミック(陶器)を焼き付けた冠色は天然歯に近く強度は強い。
内面は金属なので年数が経って歯茎が下がってくると歯と歯茎の境目に金属が見えてきたり金属が歯茎に溶け出して黒くなることがある。

オールセラミッククラウン(保険適用外)

冠全体がセラミック(陶器)でできている冠。
見た目も天然歯に近く金属を使用していないため金属アレルギーの方でも安心。ただし、陶器を使用している為噛み合わせの状態や歯軋りがある場合破折することがある。
仮付けができない。
歯を削る量が比較的多い。
土台の色を透過しやすく色調に影響を与えることがある。

ジルコニアオールセラミッククラウン(保険適用外)

メタルボンドクラウンの内面の金属の代わりに人工ダイアモンドにも使われるジルコニアを使用したオールセラミッククラウン。
強度が強いので奥歯や複数歯の連結されたブリッジをすることができる。