スポーツ歯科

スポーツマウスガードについて

ここでは主にスポーツマウスガードについてご説明いたします。
スポーツマウスガード装着の目的として外傷の予防、軽減が主要な目的です。
それ以外は頭位の安定、脳震盪の予防あるいは運動能力の向上を目的として使用されることがあります。

>>【関連記事】小学生でスポーツマウスガードを作りたいのですが可能でしょうか?

スポーツマウスガードには大きく分けると市販されているお湯などで軟化させてご自分で歯に圧接し作製するタイプと歯科医師が口腔内の型を採り模型上で製作するカスタムメイドタイプがあります。

わが国におけるマウスガード装着義務化の競技種目
ボクシング(完全義務化)
キックボクシング(完全義務化)
空手の一部
アメリカンフットボール(完全義務化)
ラグビーの一部(ジュニアラグビー、高校生、関東医歯薬リーグ他)
ラクロス
アイスホッケーの一部
インラインスケートの一部

最近はプロ野球やJリーグの選手が装着しているのを多く見かけるようになりだいぶ普及してきたように思います。
なかなか普及しない理由としてはやはり装着時の違和感や声の出しづらさではないでしょうか。
やはり適合が悪い物や分厚く無駄にものは上記の症状が多く出ると思われます。
スポーツの種類によりデザインや厚さなども変わってきます。適合なども考えるとやはりカスタムメイドタイプを作製したほうが競技に集中できますし外傷の予防になります。

スポーツマウスガード装着症例