一般歯科(虫歯治療)&歯周病&こども歯科

虫歯の治療について

なぜ虫歯になるの?

虫歯は歯垢(プラーク)が原因でなります。

歯垢(プラーク)は細菌の塊です。

お口の中には様々な細菌が存在し虫歯の原因はミュータンス菌が主な原因菌です。

ミュータンス菌はお口に取り込まれた糖分からを作り出します。

その酸によって歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。この溶かしていく状態を脱灰(だっかい)と言います。

 CO(要注意歯)
歯の一番表層にあるエナメル質が一部溶かされて白濁したり歯の裂溝(表面の溝)が茶色く着色している状態です。
ちゃんと歯磨きが出来ていれば虫歯は進行しないこともあり経過観察を行い削らなくてもいい場合があります。
ただし定期的な歯科医院での虫歯のチェックは必要です。

C1
歯の表層のエナメル質に虫歯による穴が開いた状態で基本的に痛みはない状態です。
大きさもまだ小さいので虫歯の部分を削り主にコンポジットレジン(プラスチックの詰め物)を詰める方法で歯科治療が可能です。

C2
虫歯がエナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が達した状態。
冷たいものがしみたり甘味痛などが出るようになります。基本的に歯科治療時歯を削る際に麻酔が必要になります。

虫歯の大きさによりますがコンポジットレジン(プラスチックの詰め物)や銀歯、セラミック(ジルコニアなど)等で歯科治療が可能です。

C3
象牙質下の歯髄(歯の神経)まで虫歯が達した状態。
食事や冷温水痛などの刺激が加わった場合や何もしなくても痛みが出るようになったりします。

ここまで虫歯が進行すると歯の神経の治療が必要となることが多くなります。
虫歯による欠損が大きくなり神経の治療をした場合歯自体が薄くなり脆くなるので、土台で補強して被せ物(金属冠やセラミック冠)になるケースが多くなります。

C4
歯全体が虫歯に侵され歯髄(歯の神経)が感染し根の先に膿の袋を形成し歯茎が腫れたり強い痛みがでるようになります。
歯の歯髄(歯の神経)が感染し歯髄が壊死してしまうことで一時期痛みが消失してしまうこともあります。

最終的には歯の状態が悪くなり抜歯に至るケースもあります。

抜歯に至った場合ブリッジやインプラント、義歯(入れ歯)などで欠損部分の治療を行います。早めに歯科医院を受診され歯のチェックを受けたほうが良いと思います。

当院の虫歯の治療について

虫歯と言っても冷たいものがしみたり食事の時痛みがあるなど症状がある場合や大きくても無症状の場合など様々です。当院での虫歯治療はまずレントゲン撮影で虫歯の大きさを把握し診査した上で患者さんに状態を説明し、痛みが出ると予測される場合はしっかりと麻酔を行いなるべく痛みが少なくなるように治療を行っております

MI(ミニマルインターベンション)の概念から必要最小限の侵襲、歯質の保護を基本とした治療を行うよう心掛けております

神経の治療ってどんな治療?

虫歯が大きく神経まで菌が入り治療をすることを根管(こんかん)治療と言います。
ファイルと呼ばれる器具で内部の神経をきれいに消毒を行います。
根管治療は神経内部の状態によって大きく2つに分けられます

① 抜髄
虫歯が大きく神経まで到達し神経(歯髄)を取り消毒する治療。

②感染根管治療
神経内部が細菌感染し壊死している状態。根の先に膿の袋状の嚢胞(のうほう)が出来る場合もあり状態が悪くなれば治療途中に歯茎の腫れが出たり症状がなかなか消えずに消毒の為治療期間や回数が多くなることがあります。
根の治療の回数は根の中の感染具合や症状によって変わります。早め治療を行ったほうが治療回数も少なくなることが多く予後も良いことが多いです。

歯周病

歯周病とは

歯周病は歯の表面につく細菌の塊、歯垢(プラーク)によって引き起こされる歯を支えている周囲の病気です。

歯茎の炎症による出血、腫脹を特徴とする歯肉炎と、歯を支えている骨(歯槽骨)が破壊される歯周炎に分けられます。一般的に言われている歯槽膿漏は成人性歯周炎のことをいいます。歯周病には症状、病態によっていろいろな種類があります。

歯周病の主な症状
  • 歯茎の出血や腫れがある
  • 歯がグラグラ揺れてきた
  • 歯が以前と比べて長くなった気がする
  • 硬い物や歯ごたえのある物が噛みにくくなった感じがする
  • 冷たい物や熱いものが歯にしみやすくなった
  • 口臭があると言われる

上記にいくつか当てはまる場合歯周病の可能性があります。
歯周病は成人の80%以上が何らかの症状に罹患していると言われています。
歯周病は早めに対処することで悪化を防ぐことができたり、治療することにより改善することができます。放置しておくとどんどん症状が進行して大切な歯を失ってしまう可能性があります。一人で悩まずに早めにご相談ください。

歯周病と糖尿病の関係

糖尿病の人は歯周病になりやすく歯周病の状態が悪くなりやすいと言われています。

更に歯周病で出される炎症性物質は血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを

悪くし糖尿病の状態を悪化させると言われています。

歯科医院で歯石を取ったり歯周病の治療を受けることで歯肉の状態を良くすることはもちろん

糖尿病の状態を改善することができる可能性があります。

小児歯科

なるべくお子様に治療によるストレスが掛からないように
トレーニングしながらしっかりと安全に治療ができるように心掛けております。

当院の方針としまして緊急時などを除き抑えつけて無理やり治療するということは行っておりません。
虫歯の状態を確認し治療に入る前にしっかりとトレーニングを行い安全に治療を受けられるようになってから治療を進めております。
フッ素塗布やシーラント、コーティング剤による予防処置も行なっております。

>>小児歯科に関してよくいただくご質問一覧はこちら

虫歯予防のポイント

1歳半~3歳

口の中の虫歯菌について

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいませんが、乳歯が生えてくる時期に虫歯菌が家族内(特にお母さん)から感染するケースが多いようです。
この時期に虫歯菌に多く感染してしまうと一生虫歯にかかりやすくなってしまいます。日頃から家族全員で虫歯にならない様気を付ける必要があります。砂糖を多く含んだ飲食物の摂取は気を付けましょう。
歯磨きは必ず親御さんが仕上げ磨きをして口の中のチェックをしてあげてください。
歯磨きの際嫌がってしまうのはこの時期ある程度仕方ないと思いますが、どうしても嫌がってさせてくれない場合は担当ドクターにご相談ください。
乳歯の上の前歯がすでに虫歯になっているお子様を時々見かけます。
原因として多いのが砂糖の含有量の多いジュースやスポーツドリンクなどを飲ませたりしているケースがあります。

>>【関連記事】おしゃぶりは歯並びが悪くなると聞きました。やめさせたほうがいいですか?

>>【関連記事】授乳中ですが飲んだまま寝ても虫歯になりませんか?

6歳前後

6歳臼歯は生え始めに注意

6歳臼歯はその名の通り6歳前後に乳歯の一番奥の後方に最初に生えてくる永久歯で歯並びの形成に大事な歯です。
歯ブラシが届きにくく溝も深いので歯垢などが溜まりやすく、生えたばかりの歯は虫歯になりやすいので注意が必要です。
歯科医院での定期的なチェックやシーラントやフッ素塗布などが効果的です。

※乳歯はいずれ永久歯に生え変わりますが虫歯などによる乳歯の早期喪失はその後の永久歯の歯並びに悪影響を及ぼします。
定期的に歯科医院での定期健診を受け日頃も親御さんが仕上げ磨きを行いチェックをするようにしましょう。

シーラント

シーラントとは奥歯の溝をフッ素を放出する薬を埋めてコーティングする方法です。
特に溝が深くて複雑な形態になっている6歳臼歯に効果的です。(保険適用)

当院では従来のシーラントで行うリン酸エッチング処理を行わない歯質にやさしいセルフエッチングプライマー処理の、(株)松風 ビューティーシーラントを使用し、エナメル質の脱灰を抑制し、エナメル質表面へのダメージを軽減します。(保険適用)

歯面コーティング

シーラントができない平滑面などは、(株)松風 PRGバリアコートにてフッ素を含んだコーティングを行うこともできます。萌出途中の幼若永久歯やホワイトスポットなど再石灰化が必要な部位、虫歯になりやすい矯正ブラケットの周囲などもコーティングを行うことができます。(保険適用外)

フッ素塗布について

フッ素塗布の効果は歯に塗る事により歯質を強化して虫歯菌の出す酸に強くなります。
初期の虫歯を再石灰化で修復したりする効果があります。
フッ素塗布は6ヶ月ごとぐらいが良いと思います。
虫歯のリスクが高い場合は3ヶ月に1回の塗布をおすすめいたします。
写真はフッ素塗布に使用するフルオールゼリーとトレー法で使用するトレーです。トレー法はトレーの中に脱脂綿などにフッ素ペーストを含ませ4分間お口の中で噛んでもらう方法です。フッ素を塗るだけの方法に比べて効果が高い方法です。(保険適用外)

歯の生え変わりの時期について

乳歯は前歯の真ん中から奥歯に向かって数えてA~Eと並んでいます。

乳歯生える時期抜ける時期
A 6~7ヶ月 6~8歳
B 7~8ヶ月 7~9歳
C 16~20ヶ月 9~12歳
D 12~16ヶ月 10~12歳
E 20~30ヶ月 10~12歳

永久歯は前歯の真ん中から奥歯に向かって1番〜7番まであります。
8番は通称親知らずとも言います(元々欠損していたり埋まっている場合があります)

永久歯上の歯下の歯
1番 7〜8歳 6〜7歳
2番 8〜9歳 7〜8歳
3番 11〜12歳 9〜10歳
4番 10〜11歳 10〜12歳
5番 10〜12歳 11〜12歳
6番 6〜7歳 6〜7歳
7番 12〜13歳 11〜13歳
8番 17〜21歳 17〜21歳

生え変わり時期はおおよその目安です。個人差が多少ありますが、かかりつけの歯科医院にてチェックを受ける事をおすすめいたします。

妊娠中の歯科治療について

妊娠中の受診に最適な時期と歯科治療についての注意点は?

● 妊娠初期(妊娠0~15週)
お腹の赤ちゃんの体の重要な器官が作られる大切な時期です。
流産のリスクも考え痛みや炎症をとりあえず抑えるための応急処置に歯科治療はとどめ本格的な歯科治療は安定期に入ってからか出産後に行うほうが望ましいです。

かかりつけの歯科医院で定期的に検診や経過観察を行ってください。

● 妊娠中期(妊娠16~27週)
胎盤が完成する安定期に入ります。
妊娠中に一般的な歯科治療を受けるには最適な時期となります。

抜歯などの外科的な治療は産科の主治医に許可を取ってから行うのが望ましいです。 

● 妊娠後期(妊娠28~39週)
歯科治療時に仰向けで診療を受けると大きくなった子宮に大動脈を圧迫され低血圧症を起こしやすくなります。
歯科検診や歯科治療の際はなるべく短時間での治療や応急処置にとどめ無理をせず体調に合わせ歯科治療を受けることが望ましいです。

歯科のレントゲンの影響は?

日本に住んでいる人が1年間に浴びる自然放射線量は約2.1mSvと言われています。
歯科治療の際に使用される歯科用デンタルレントゲン撮影一枚につき約0.008mSV、パノラマレントゲン撮影一枚につき約0.01mSvです。

年間の自然放射線量と比較しても歯科用のレントゲン撮影の放射線量が少ないことがわかります。
レントゲン撮影時には鉛の入った防護エプロンを装着して撮影を行いますので安心です。

妊娠中だからということでレントゲン撮影をせずに経過観察を行ったり歯科治療を行うことは正確な診断が出来ずに逆に重篤化などを招く場合がありますので必要最低限の検査を行い歯科治療を受けることをおすすめします。

 >>【関連記事】歯科のレントゲンは安全ですか?

 

歯科用の麻酔は大丈夫?

一般的な歯科治療で多く使われている局所麻酔薬リドカインは無痛分娩や帝王切開にも使用されており妊娠全週で問題なく使用できる麻酔薬です。
妊娠中の歯科治療の際に通常量を使用すれば問題ないとされています。

歯科で処方されるお薬は服用しても大丈夫?

歯科では比較的安全性が高いとされるお薬をその効果がお腹の中の赤ちゃんへの影響を上回ると判断した場合にかぎり必要最低限のお薬の処方を行います。