義歯(入れ歯)

精密義歯(入れ歯)専門外来

義歯(入れ歯)

歯周病や虫歯などでだんだんと歯を失い義歯(入れ歯)になってしまい使用しているが合わなくてものが良く噛めない、外れやすい、しゃべりにくいなどのお悩みはないでしょうか?
当院の義歯治療のコンセプトとしてはまず保険、保険外(自由診療)でもしっかりと安定し噛むことができる義歯を丁寧に作製することです。
義歯(入れ歯)は義歯の材質や設計などで保険適用と保険適用外(自費)に分けられます。

義歯作製にあたって

よく保険の義歯は同業者の間では作製しても採算が合わないと言われています。
義歯の作製は正直時間が掛かる作業です。真面目に精密なものを作ろうとして時間を掛けるほど材料費や保険の点数を考えると採算が合わなくなってきます。

保険は時間を掛けずに作製しても時間を掛けて丁寧に作製しても医院側に入る保険収入は一緒です。しかし採算が合わないからといって手間を掛けずに作製すると装着後に合わずに痛みが出たり不具合で何回も歯科医院で調整で受診をしなくてはいけない結果になり歯科医院側も患者さんもお互い苦労をすることになるかもしれません。

あくまで歯科医院側の事情にすぎないのですが、なので保険外の義歯を作製してくださいというわけではありません。
当院では保険の義歯でも最低限必要な時間を取り義歯を作製しています。時には予約の時間を長く取り作業をする場合もありますがやはり時間を取って作業する以上患者さんの協力も必要になってきます。

例えば時間を長く取って予約を入れていたがキャンセルしたり、なるべく回数を少なくして急いで作製して欲しいなどという場合は時間を取り精密な義歯を作製するにはちょっと難しいかもしれません。お互い協力して治療を進めていくことでいい物が出来上がると思います。

>>色々なところで総入れ歯を作ったがどれも高さが合わない気がする。正しい高さってあるのですか?

義歯作製の一般的な手順

  • おおまかな型採り
  • 専用トレーによる2回目の型採り
  • 噛み合わせ(高さ合わせ)の採得
  • 仮合わせ(試適)
  • 完成(装着)
装着後の調整
定期的な義歯のチェック

まずは既製トレーを用いてお口の中の大まかな型取りをします。

 

既製トレーにて採得した印象(型)より作製した模型からカスタムトレーを作製し精密印象を採ります。

 

精密印象後、咬合採得(かみ合わせ)を行い仮合わせ(人工歯配列)にて高さやかみ合わせ、歯の配列などを確認します。

その後義歯完成となります。

義歯は一度入れれば一生ものではありません。
歯が磨り減ってきたり歯茎部分も多少変化してきます。
変化に合わせて調整や新製が必要になる場合もあります。
※欠損している歯の数が少なくご自身のかみ合わせが安定している場合2、3の作業は省略する場合もありますが通常は完成までに最低5回は通院しなくてはいけません。
しかし義歯を紛失してしまい急遽作製する場合は総義歯でもいくつか作業を省略してなるべく早く装着できるようにしております。

>>入れ歯を早めに作りたいが型を採ったらすぐに出来ますか?

>>入れ歯が外れない

>>上下互い違いの入れ歯を使用しても問題ないですか?

保険の義歯と保険適用外の義歯の違いについて

保険適用の義歯でもほとんどの症例に対応できますが素材や設計方法などに制約があります。

保険適用外(自費)の義歯はより精密な義歯を作製するために保険で使わない材料や装置などを

使用します。

型を採る素材もより精密なシリコン製の印象材を使用し咬み合わせを決める際もズレがないよう

より精度が高い方法で行っています。

保険では使用できない装置などを使うことで残存している歯への負担が少なくなり保険の義歯

と比べると長く使用できます。

ここでは保険適用の義歯と保険適用外の義歯の違いについて総義歯を例にご説明いたします。

写真の右側半分が保険診療で作製できるレジン床

(プラスチック)の総義歯です。

左側が自由診療で作製できる金属床の総義歯です。精度に優れ

金属部分は薄く強度にも優れています。

こちらの写真は保険の部分義歯です。歯牙には金属のバネ(クラスプ)が掛かり歯ぐきの部分はピンクのプラスチック(レジン)で出来ています。設計によっては口蓋部はやや厚みのある金属のバーが掛けられています。

こちらの写真は保険外の精密部分義歯(金属床)です。型取りは保険の義歯とは異なるシリコン製の材料で採得し、口蓋部分も精密に作製された薄い金属で出来ており歯牙に掛かる装置も保険では適用されていない歯牙に負担の掛かりにくいものになっており装着感も良好です。

コンフォート(やわらかいシリコーン加工の入れ歯)

(株)バイテック・グローバル・ジャパン社のコンフォートシリーズです。

内部が生体シリコンでできているので適度の軟らかさがあり、吸着もよく通常の義歯よりも噛む力が増すのが利点です。

義歯内部の薄いピンク色の部分が生体シリコンです。

 

当院は2018年上半期やわらかい入れ歯コンフォート九州ベストクリニックに選ばれました。

コンフォートシリーズは欠損の本数によりソケット、コネクト、コンプリートがラインナップされております。

どのタイプが適応になるかなどまずはご相談ください。

症例1

右上前歯、小臼歯にかけて3歯欠損

元々ブリッジが入っていましたが抜歯となり審美的に気になるということでコンフォート(コネクト)を作製

コンフォート(コネクト)装着後

装着後審美的にも気にならなくなり内面はやわらかいシリコン加工がされているのでしっかり噛めるようになりました。

症例2

右下奥歯(大臼歯)2本欠損

右下奥歯(大臼歯)2本を以前抜歯をし他院にて保険の入れ歯をしていましたが適合悪くよく噛めず審美的にも金属のクラスプ(金具)が気になるということでコンフォート(ソケット)を作製。

コンフォート(ソケット)装着後

右下奥歯(大臼歯)にコンフォート(ソケット)装着。適合もよく外れやすさもなくなり内面もやわらかいシリコン加工がされているのでよく噛めるようになったとのこと。審美的にも気にならなくなったとのことです。

ドイツ式テレスコープ義歯

ドイツ式部分入れ歯のテレスコープ義歯とは入れ歯先進国のドイツで100年以上の歴史を持つ入れ歯です。

テレスコープ義歯には通常歯に掛ける金属のバネはありません。

残存している歯を使い内冠を作成し義歯に装着した外冠をはめ込んだり旋回リーゲルと呼ばれるスイングロック式のかんぬき装置を使用して可撤性ブリッジや局部床義歯の維持をはかります。

精密に作製され残存歯への負担も少なく審美的に良いだけでなく装着感も良好です。

 

テレスコープシステムには下記のようなものがあり残存歯の状態やかみ合わせを精査した上でご提案させて頂いております。

・リーゲルテレスコープ

・コーヌステレスコープ

・レジリエンツテレスコープ

 

 

上記の写真はリーゲルテレスコープです。リーゲルとはドイツ語でカンヌキのことでこれを維持装置に

しています。

義歯の中に鍵がかかる様になっており、鍵を外すと入れ歯を取り外すことが出来ます。

寝る時も装着したままお休みになれます。

上下顎同時印象法総義歯

ドイツチュービンゲン大学のシュトラック教授が開発したシュトラックデンチャーを原型とした上下同時印象法は咬合採得、ゴシックアーチの描記、フェイスボウトランスファー、上下顎同時印象を一回で行う方法です。

印象(型取り)には口腔周囲筋、口唇、舌の形態を表現することができ維持安定がよく咬合採得した位置で印象採得を行うため義歯の理想的なバランスがとれます。

BPSデンチャー

BPSデンチャーはBiofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)のことでリヒテンシュタイン公国のイボクラール ビバデント社が、ハイクオリティーな義歯製作のために開発したシステムです。

製作手順がシステム化されているため、品質の安定した義歯を製作が可能です。

TUM(タム)デンチャー

デンタエンプラTUMを用いたデンチャーシステムです。

<TUMデンチャーの特徴>

①強靭で弾力性のある素材の為、軽くて薄く装着感が優れています。

②適合性や耐久性に優れています。

③クラスプ(金属のバネ)を使用していないので審美性に優れています。

ベルテックス サーモセンスデンチャー

入れ歯にとって必要な生体親和性、柔軟性、強靭性を伏せもつベルテックス サーモセンス(熱可塑性ポリアミド樹脂)を使用した義歯です。

<特徴>

①金属のバネを使っていないので着けていることが気付かれにくい

②割れにくく長く使える

歯に掛かる部分は透明なタイプと歯肉色(ピンク)のタイプがあります。

メタルプレートを併用したタイプもあります。審美的に影響がない部分は維持力が得られるクラスプを掛けることもあります。

右の写真は透明色のタイプです。

OPAアタッチメント

快適な維持力があり調整も容易です。

装着感がよく異物感の少ない義歯の設計が可能です。

義歯の動揺がほとんどなく残存歯に過負担をかけません。

歯の被せ物部分と義歯部分に装置を製作します。

磁性アタッチメント義歯

残っている歯根と義歯に磁石(マグネット)を埋め込み義歯の安定性を高めます。

義歯(入れ歯)Q&A

Q
入れ歯は寝ている時は外したほうがいいですか?
A

寝ている間は唾液の量が減少する上お口の中はあたたかく細菌が繁殖しやすくなります。
部分入れ歯などは日中装着後就寝時はよく洗浄し市販の洗浄剤などに入れて清潔な状態を保ったほうが良いかと思います。
上が総入れ歯の状態で下の歯が残っているケースでは上の歯茎の保護の就寝時に装着していたほうがよいケースもあります。

Q
入れ歯の安定剤はつかってもいいですか?
A

今はいろいろな種類の義歯の洗浄剤がドラッグストアなどで販売されています。
正しい使い方で使用すれば十分に効果があると思いますのでどんどん使用してもよいと思います。しかし合わない入れ歯に安定剤を使用して無理矢理使用するのはお勧めできません。
どんな種類の物をしようしていいかわからない、使い方がわからない場合はお気軽におたずねください。

Q
部分入れ歯のバネが見えて人と話す時気になります。
A

保険の部分入れ歯だと歯にバネを掛けて維持しますのでどうしても前歯などにバネを掛けると目立ってしまうかもしれません。保険外の義歯だとバネのない義歯もございます。

材質は適度な弾力があります。 

Q
現在義歯を使用していますが家族や知人に老けてみえると言われます。
A

現在使用している義歯の前歯の部分のふくらみが足りなかったり高さが低くなってしまっているかもしれません。もし昔の歯がある時の写真などがあれば受診時にお持ちいただければ参考にできるのでより再現しやすくなると思います。

Q
現在義歯を使用していますが家族や知人に老けてみえると言われます。
A

現在使用している義歯の前歯の部分のふくらみが足りなかったり高さが低くなってしまっているかもしれません。もし昔の歯がある時の写真などがあれば受診時にお持ちいただければ参考にできるのでより再現しやすくなると思います。