オフィシャルブログ

2019.08.06更新

先週末は東京で開催されました顎関節症のセミナーに参加してきました。

ipsg

東京都内はとにかく暑かったです。

沖縄の方が涼しく感じますね。

ipsg

今回は顎関節症の患者さんを実際にお呼びして治療をする2日間のライブセミナー

でした。

MRI画像や咬合診断、アルクスディグマⅡを用いた顎運動測定などで診断をし治療

していくという流れで2日間学んできました。

今回も顎関節症の診断および治療について多くの知識や情報が得られ充実した2日間

でした。

 

adc

夜は横浜の勤務医時代の元同僚の先生と久々に会い色々と情報交換を。

いい充電ができましたので暑さに負けず頑張っていきたいと思います!

 

投稿者: y.akamine

2019.02.24更新

本日は日曜日でプロ野球のオープン戦やFC琉球のJ2開幕戦などがありましたが生憎

の天気になってしまいました。

私は本日も朝5時に起床し職場に行きデスクワークを済ませてから沖縄県口腔保健

センターにて開催されました講演会に行ってきました。

本日の講演会は横浜市でご開業されております田中五郎先生による総義歯に関する

講演でした。

デンチャースペース義歯

テーマは「総義歯難症例への対応〜 デンチャースペース義歯の基礎と臨床』

田中先生の著書は以前読んでいましたのでセミナーを受講してみたいと思っていましたが

今回は沖縄で講演をされるということを知り楽しみにしておりました。

解剖学メルクマールや基準値など非常に分かりやすく講義していただきデンチャースペース

義歯について更に理解を深めることができました。

義歯臨床は学べば学ぶほど奥が深いですね。

早速明日からの臨床に役立てていきたいと思います。

 

 

 

 

投稿者: y.akamine

2019.02.12更新

先週末は東京にてパーシャルデンチャーとテレスコープシステムの理論と

実習コースを受講してきました。

adc

関東地方は雪がちらつくような天気で冷え込んでおりました。

セミナーはお昼からでしたので御茶ノ水で電車を降りセミナー会場までお散歩を。

JFA

前から行きたかった日本サッカーミュージアムへ。

小野伸二 稲本潤一

小野、稲本選手いました^^

神田明神

神田明神にも立ち寄りました。

 

IPSG

今回のセミナーは歯科先進国であるドイツで主流のテレスコープ義歯について

学べるコースです。

今回はコーヌステレスコープ、レジリエンツテレスコープ、リーゲルテレスコープ

について技工士の先生の実習を通して2日間学んできました。

テレスコープシステム

日本では入れ歯と言えばクラスプという金属のバネを歯牙に掛けるタイプが

主流ですがテレスコープシステムは内冠と外冠を使いはめ込み式になっているので

審美的にも機能的にも大変優れています。

 

当院もテレスコープシステムに取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

日本サッカーミュージアム

〒113-8311
東京都文京区本郷3丁目10−15 JFAハウス

 

投稿者: y.akamine

2019.02.06更新

先日のNHKのあさイチで歯科の特集があるということで録画していた番組を

視聴しました。

銀歯

 日本人に多く入っている銀歯の下に出来たむし歯についてや

銀歯の下に虫歯

臼歯部に保険適用になっているCAD/CAM冠についてなど分かりやすく説明されておりました。

CAD/CAM冠

他にも歯周病について関わりがある病気(糖尿病、動脈硬化、誤嚥性肺炎、認知症)について

やインプラント周囲炎など幅広い番組構成で一般の方には参考になったかと思います。

 

むし歯や歯周病は表面上問題ないように見えてもレントゲンを撮影すると問題があるケースも

多く見られます。

定期的にレントゲン写真を撮影してもらい銀歯や詰め物の下などにむし歯が出来ていないかや

歯周病になっていないかなどチェックを受ける方が良いかと思います。

 

投稿者: y.akamine

2019.01.27更新

先日1歳になりました我が家の次男ですが前歯(乳前歯)も生えそろったので

仕上げ磨きを始めました。

もちろんまだ何をされているか分かっていませんので最初は嫌がっており

ましたが無事に出来ました^^

 

まだお口の中が歯ブラシの刺激に慣れていませんので上の前歯の間にある

筋(上唇小帯)は指で軽く押さえて保護しながら行うのがポイントですね。

最初はまだ虫歯のリスクは少ないので慣らす程度でまだ一生懸命時間を掛けて

行う必要はありません。

仕上げ磨き

最近1歳から3歳のお子さんが上の前歯に虫歯があるということで3人受診されました

が夜間の授乳が原因ではないかということで心配されておりました。

授乳自体は虫歯のリスクはほとんどありません。夜間の授乳も同様です。

大切なのは特に夜間就寝前の歯ブラシです。

 

そしてあと気を付けなければいけないのはジュースなどをペットボトルなどで

与えていないかなどです。

聞いてみると3人共ペットボトルでジュースや炭酸飲料を飲用しているとのことでした。

お菓子は時間を決めて食べていればそんなに心配はありませんがペットボトルでの

ジュースなどのダラダラ飲みは歯の表面がずっと酸性になってしまうのでかなり虫歯リスク

が高まると考えられます。

乳児期にペットボトルに入ったジュース等の飲用はまだ早いと思われます。

特に3歳までは水や麦茶などを中心としてジュースなどの飲用はなるべく減らしたいもの

です。

3歳までしっかりと気を付けていけばその後の虫歯リスクはかなり減ると思いますので

頑張って予防しましょう!

投稿者: y.akamine

2019.01.14更新

週末は東京で開催されました義歯のセミナーを受講してきました。

adc

沖縄は日中半袖でも過ごせるような日が続いていますが東京は1月なのでさすがに

寒かったですね。

今回受講したのはコーヌスクローネセミナーです。

 

adc

コーヌスクローネ義歯とは入れ歯先進国ドイツで開発され長い歴史を持ちテレスコープ

システムの中の一つです。

日本では現在あまりなじみのないシステムですが審美的にも優れており残っている歯を

利用し長期間維持させることが可能です。

今日は一日設計や適応症について学んできました。

来月は2日間の理論と実習コースがあります。

しっかり学んで今後の診療に生かせるようにしたいと思います。

 

投稿者: y.akamine

2018.12.18更新

先週末は東京で開催されましたIPSG学術大会に行ってきました。

今年のテーマは「THE CHANGE」

朝から夕方まで会員の先生方の発表や教育講演、特別講演と充実したプログラム

でした。

テレスコープデンチャーや上下顎同時印象による総義歯の作製についての素晴らしい

発表から顎関節症や口腔リハビリテーション、インプラントの現状や再生医療まで

様々な分野のお話しが聞けあっという間の一日でした。

adc

特に素晴らしかったのが前刃禎明さんの講演です。

話を聞いているだけで自分の中のモチベーションが上がってきます。

年末に本当にいいお話しを聞くことができました。

早速来年の計画を立てたいと思います^^

adc

これからもまだまだ努力してチャレンジしていきたいと思います。

adc

東京はどこへ行ってもクリスマスモード全開ですね。

街が華やいでいていいですね^^

投稿者: y.akamine

2018.11.09更新

赤嶺歯科クリニック 院長赤嶺です。

現在ご予約が混み合いご予約がお取りしにくい状況になっており患者さんには

大変ご迷惑をお掛けし申し訳ありません。

最近は特に自費の義歯のご相談が非常に多くなっておりますが自費の義歯の作製に

関しましては現在のところ年内の完成は難しくなっております。

保険の義歯に関しましては今月作製に入れば年内の完成は可能と思います。

義歯作製や相談などご希望の際はお早目にご予約をお取りいただけますと幸いです。

adc

咬合診断や義歯作製など技工の仕事がたっぷりありますが残業を頑張って年内は

乗り切ろうと思います^^

投稿者: y.akamine

2018.10.16更新

先日2018年上半期 やわらかい入れ歯コンフォート九州ベストクリニック

選ばれたということで表彰の盾が送られてきました。

やわらかい入れ歯のコンフォートは歯を大きく削るブリッジやインプラントの

手術には抵抗があるといった患者さんや現状使用している義歯でよく噛めないと

いったお悩みの患者さんよりとても喜ばれております。

より良い義歯を提供できるように今後も努めていきたいと思います。

adc

 

 

adc

インプラント・ブリッジに代わる新しい選択肢コンフォート

 

※現在好評につきコンフォートシリーズは完成までの納期は通常より時間が掛かって

 おります。ご希望の方はお早目にご相談ください。

 

投稿者: y.akamine

2018.08.10更新

Q.金属アレルギーと診断されると奥歯に保険で白い歯が入れることができると

 聞きました。ブリッジも適応ですか?

A.皮膚科で金属アレルギーと診断されますと奥歯の保険CAD/CAM冠の範囲が

 広がりますが適応は全て単冠となっております。

 なのでブリッジは適応外となります。

投稿者: y.akamine

前へ